2022年9月の定例講演会/「習近平政権3期目と東アジア安全保障」/共同通信社外信部次長/芹田晋一 郎  氏

講 師 共同通信社外信部次長 芹 田 晋 一 郎  氏

演 題 習近平政権3期目と東アジア安全保障

日 時 2022年9月21日(水)午後1時30分~3時

会 場 パーティー会場メルヴェーユ (県民共済プラザビル6階「ヴァランセ」)

 

せりた・しんいちろう 中国指導部の尖閣諸島奪取計画を海軍幹部の実名証言で明らかにした記事で2021年、国際報道を通じた国際理解に貢献した記者に贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した。
中国に7年、米ワシントンに3年と計10年以上にわたり、米中両国で特派員生活を送り、この15年間、米中対立や日本を含めた外交の最前線で取材。中国ではチベット、ウイグルの暴動や香港大規模デモを現場取材し、米側からもホワイトハウス当局者を取材するなど、現在の米中対立の根幹をなす各問題の発端から追い続けている。
ウクライナ侵攻後、日本近海での中ロ艦船の活発化や台湾への武力圧力など、東アジアの平和への懸念が高まっています。異例の3期目を迎えようとしている習近平政権の狙いや、台湾侵攻や尖閣占領の可能性などを解説していただく予定です。