1月の定例講演会(見学会)のお知らせ

関東学院大学 横浜・関内キャンパス見学会

関東学院大学がJR関内駅前に建設していた横浜・関内キャンパス新棟が完成し、2023年春に開校します。その開校前の新キャンパスを見学させていただきます。「大学がラウンドテーブルとなり、企業、自治体、地域、市民、機関などの『「知の交流』を通じて、様々なイノベーションを誘発すると同時に、横浜都心部という立地を最大限に活かし『社会連携教育』をさらに推進する」との目的や概要などについて、関東学院の規矩大義理事長にご講演いただきます。

 開 催 日 2023年1月12日(木)午後3時~

会   場 関東学院大学 横浜・関内キャンパス

講 演 会 午後3時~4時 2階テンネー記念ホール

講   師 関東学院理事長 規矩 大義 氏

演   題 「関東学院大学・関内進出hえの覚悟」

見   学 講演終了後40~50分間

 

 きく・ひろよし 地盤防災工学を専門とし、地震による液状化現象などを研究している。神奈川県大規模盛土造成地第二次スクリーニングに関する検討会座長、東京都防災会議地震部会委員、神奈川県公安委員等を務める。土木学会、地盤工学学会などに所属。
1993年九州工業大学大学院工学研究科修了。工学博士。横浜国立大学工学部建設学科助手、佐藤工業中央技術研究所土木研究部研究員、関東学院大学工学部社会環境システム学科教授、同工学部長、理工学部長(工学部長兼務)などを経て、2013年12月学長、17年12月同大防災・減災・復興学研究所長、21年4月学校法人関東学院理事長に就任した。

◆関東学院大学 横浜・関内キャンパス

横浜市教育文化センター跡に、社会とつながるキャンパスとして2023年春に開設予定。夜まで稼働するキャンパスは、学生だけでなく企業・自治体・市民などに開かれた教育プログラムを設置し、イノベーション拠点を目指す。また、社会に開かれたキャンパスとして、ホール、ギャラリー、ラウンジ、コワーキングスペース、ブックカフェなどの施設の市民開放も予定している。

移転予定の学部学科

  • 法学部 法学科、地域創生学科
  • 経営学部 経営学科
  • 人間共生学部 コミュニケーション学科

建 物

  • 地上17階、地下2階建て
  • 敷地面積 2,647.78平方メートル
  • 学生数 約3,300人

JR関内駅南口前(徒歩約2分)

12月の定例講演会~シンポジウム「2023年の動向を読む」

~シンポジウム「2023年の動向を読む」~

コロナ禍にウクライナ侵攻、円安、エネルギー・物価高、参院選、安倍元首相銃撃・国葬と激動の1年だった2022年もまもなく終わろうとしています。2023年はどんな年になるのでしょうか? 共同通信社の政治、経済、外信の3部長を講師に迎え、最新の情報を交えてシンポジウムで解説してもらいます。

23年は、4月に統一地方選、5月には広島でのG7サミットと続き、旧統一教会問題で揺れる岸田政権への評価、菅前首相の動きなど自民党の派閥構成が気になるところです。泥沼化したウクライナ戦争、米国利上げによる円安の進行、世界的な景気後退など懸念もつきません。4月に新任されるであろう日銀総裁がどう金融政策のかじ取りをするかをはじめ、賃上げ、規制改革、デジタル化などの進展も注視したいところです。10月には米空母の横須賀母港化から50年を迎えますが、朝鮮半島や台湾など東アジア情勢も気になります。

3年ぶりに立食形式での会員交流会も開催予定です。このため通常とは開始時間が異なりますのでご注意ください。

開催日 2022年12月9日(金)
会場 ロイヤルホールヨコハマ
シンポジウム 午前11時~午後0時30分 3階「セレナーデ」
交流会 午後 0時40分~1時40分 3階「シンフォニー」

※ 演題は変更になる場合があります。新型コロナの感染状況によって開催を中止・延期する場合があります。感染防止のご協力をお願いします。

※ 準備の都合上、お申し込みは12月2日(月)までにお願いします。参加者名簿を当日配布する予定です。

 

【シンポジウム講師】

パネリスト

共同通信社編集局政治部長

杉田 雄心 (すぎた・ゆうしん) 氏

1992年共同通信社入社、和歌山支局、神戸支局、大阪社会部を経て2002年政治部。09年ワシントン支局、19年参院選班長、21年編集局ニュースセンター整理部長、22年9月から現職。1969年生まれ、東京都出身。

共同通信社編集局経済部長

春木 和弘 (はるき・かずひろ) 

1997年共同通信社入社。2000年本社経済部、11~15年ワシントン支局で経済担当後、本社経済部デスク、経済部副部長などを務めた後、ニュースセンター整理部長、メディアセンターデジタル編成部長。22年9月に現職。1968年生まれ、群馬県出身。

共同通信社編集局外信部長

有田 司 (ありた・つかさ) 

1992年共同通信社入社。ロシア・サンクトペテルブルク大留学などを経て2000年モスクワ支局。アフガニスタン戦争、イラク戦争を取材。11年ワシントン支局次長、18年ニュースセンター整理部長などを経て、21年2月から現職。1968年生まれ、新潟県出身。

◆コーディネーター

神奈川新聞社論説主幹

鈴木 達也 (すずき・たつや) 

1990年神奈川新聞社入社。本社編集局報道部、経済部、川崎支局、鎌倉支局、横須賀支社などを経て2014年に編集局報道部長、18年編成部長。19年から現職。1966年生まれ、横浜市出身。

事務所(ビル内)移転のお知らせ

事務所(ビル内)移転のお知らせ

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。皆さまには日ごろより大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。

このたび神奈川新聞社のオフィスレイアウト変更に伴い、神奈川政経懇話会事務局は10月15日(土)、横浜メディアビジネスセンターの9階から12へ移転しました。神奈川新聞社本社内の階数移動であり、電話番号やファクス番号、メールアドレスはこれまで通りです。

これからもご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年10月吉日

一般社団法人 神奈川政経懇話会

理事長 並木 裕之

 

■新住所

〒231-0011

横浜市中区太田町2-23

横浜メディアビジネスセンター12階

電話045(226)2121  FAX045(226)2122

 

■新住所での業務開始日

令和4年10月17日(月)

=10月14日(金)までは従前の事務所で業務をしています

◇ 会報に情報をご提供ください ◇

 

会報に情報をご提供ください

 

神奈川政経懇話会では、毎月第2、4火曜日に発行している会報「政経かながわ」に、今秋から会員の事業や活動などを紹介する「会員情報コーナー」(仮)を新設いたします。ぜひ、情報をご提供ください。

新たな事業展開や新商品の紹介、事業所の新設、地域とのつながりといった社会貢献、名物社員の紹介、人事、組織改革など、ご提供いただく情報のジャンルは問いません。必要に応じて当懇話会職員が取材にお伺いします。掲載は記事の体裁になります。掲載費用は不要です。

まずはお気軽に電話またはファクスで事務局までご一報ください。ファクスの場合は連絡先、担当者名を必ず明記してください。

 

連絡先:神奈川政経懇話会事務局

電  話 045(226)2121

 =平日午前10時~午後5時

ファクス 045(226)2122