2018年7月の定例講演会/天皇陛下のお気持ち~退位が及ぼす影響/皇室ジャーナリスト・山 下 晋 司 氏

日 時    2018年7月18日(水) 午後1時30分~3時

会 場    ロイヤルホールヨコハマ5階「リビエラの間」

講 師    皇室ジャーナリスト   山 下 晋 司 氏

 

やました・しんじ 1956年 大阪市生まれ 。関西大学卒。23年間、宮内庁で勤務し、2001年に退職。宮内庁では1988年~95年まで長官官房総務課で報道を担当。昭和天皇のご闘病・崩御・大喪の礼、今上陛下の即位の礼・大嘗祭、秋篠宮殿下のご結婚、皇太子殿下のご結婚などの諸行事を報道担当として経験。天皇皇后両陛下の中国ご訪問(92年)、米国ご訪問(94年)に報道担当として同行。皇太子殿下のモロッコ・英国ご訪問(91年)に報道担当として同行。宮内庁退職後は出版社役員を経て、2004年に独立。独立後は「皇室手帖」の編集長などを務めた。現在は、テレビ、週刊誌など各メディアでの解説や担当記者へのレクチャー、記者勉強会の講師、皇室関係書籍の監修などを行っている。13年11月からは、毎月1回2時間枠で放送しているBSジャパン(テレビ東京系列)「皇室の窓スペシャル」の監修(出演もあり)も務めている。