12月の定例講演会のお知らせ

シンポジウム「2022年の動向を読む」

 2021年は新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大と医療がひっ迫する中、東京五輪・パラリンピックが開催されました。支持率低迷に苦しんだ菅義偉首相が突然退陣し、岸田文雄首相誕生しました。衆院選ではコロナ対策や政治とカネ、安倍・菅政権の功罪などが問われました。2022年は岸田政権の真価が問われます。夏には参院選挙も控えています。新型コロナは待ったなしの課題。経済の立て直しも急務です。外交では対米協調の推進、海洋進出を加速する中国との関係、対立が続く韓国、対話が実現しない北朝鮮、領土問題が横たわるロシアなど課題が山積しています。

 シンポジウムでは共同通信社の政治、経済、外信の3部長を講師に迎え、取材に基づいた最新情勢を交えながら2022年を展望します。シンポジウムは12月9日(木)午前11時開始です。講師の横顔は、別紙(PDF)をご覧ください。

  開催日 :2021年12月9日(木)
  会 場 :横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ5階「日輪」
  シンポジウム:午前11時~午後0時30分
  昼 食 : 午後0時30分~1時30分
       =お席にお弁当をご用意します。お持ち帰りもできます。